医療脱毛のアフターケアの注意点

アフターケア
クリニックにて医療脱毛施術を受けた後のケアの仕方や留意点についてご解説したいと考えます。

クリニックでは、いくつかの脱毛機器が導入されてきたここ最近では、患者側にも選択の余地が増加してきました。

けれども、どの手段を用いても施術後の過ごし方だけは一緒であるようです。

施術後の留意点1
医療脱毛機器の種類に関せず、脱毛直後のバスタブへの入浴は控えておく事がいいでしょう。

必然的に汗を流したり、洗髪やりたい事例にはバスタブに長時間浸からずにシャワー程度に控えておきます。

これは、ブドウ球菌などの毛穴への細菌感染を防ぐ目的と、脱毛直後の火照りを増長させないためです。

とくに、ブドウ球菌に感染すると毛嚢炎の発症への気がかりも予想がされます。

施術後の留意点2
脱毛直後の肌質は、バリアゾーンが弱まる事で刺激に弱くなっています。

脱毛直後の屋外活動は控えるべきと腹積もりられています。

夏季の脱毛では多くのクリニックでは、脱毛後のプール、海水浴を控えるようにとPRしています。

冬季の施術でも紫外線は強いので、顔などの部位によっては注意深いに行動する不可欠があります。

施術後の留意点3
施術後にクリニックから処方された軟膏は適切に用います。

個人個人の体質によれば、毛嚢炎や赤みなどの肌トラブルをしきりする事もあります。

アフターホローのあるクリニックで、ドクターの指示に従う事が肝心です。

施術後の注意すべきポイントその4脱毛周期は絶対守る事が大切です。

脱毛後はレーザー照射を対象にした体毛が自然に落ちていきます。

その後新たに体毛が見られる一月から二か月は期間をあける必須があります。

以上、脱毛後のサポートを4見所ご解説しました。